整体と整骨院で受ける治療の違い

整体と整骨院で受ける治療の違い 体のどこかに痛みが続いているような場合、整体や整骨院で治療を受けることを考える方もいるはずです。
しかし、整体と整骨院では受けられる治療が違うため、症状に合わせて選ばなければ、期待するような効果を得ることはできません。
では、どのような違いがあるのかというと、まず整体は脊椎をはじめとした、骨盤や肩甲骨、四肢など関節や骨格に対する施術を受けることができます。
例えば、骨格の歪みやずれ、姿勢の矯正など慢性的な不調の原因を主に手技によって根本的から改善するというもので、基本的に保険適用外となります。
一方で整骨院の治療は、交通事故やスポーツなどで発生した捻挫や骨折・脱臼などの急性の怪我や同じような負担を繰り返すことで発生するぎっくり腰や首、腰など亜急性の怪我に対するものとなります。
国家資格を持った柔道整復師が行う施術となり、急性の怪我に関しては健康保険を利用することができます。
このように似ているようで整体と整骨院は治療に違いがあるため、どちらが適しているのかを考えて選択することが必要なのです。

整体に法的資格制度はない!?

整体に法的資格制度はない! "よく柔道整復師やあん摩・マッサージ・指圧師、鍼灸師などと同じように語られることのある整体師ですが、前述した3つの仕事が国家資格を取得しなければ施術をしてはいけない仕事であるのと違って、実は整体師として施術を行うために必要な法的資格制度は存在していません。
つまり、極端な話をいえば、整体師になろうと思い、そう名乗れば仕事として始めることができてしまうのです。
ただ当然ですが、手技に対する知識や技術などをなに一つ学んでいない状態で仕事を始めたとして、それで上手くいくのかというのは疑問です。
特に現代はネット社会ですので、あまりにも効果がなかったり、逆に体を痛めてしまうような施術などを続けていれば悪評が立って顧客がつくことはないといえます。
ですので、法的な制度がないからといって素人が簡単に整体師として仕事をはじめられるというものではなく、民間資格などを取得し、しっかり学んでからはじめるというのが一般的なのです。